月におかゆ

白河綾の占星術&タロット研究室

悲しい心、なぐさめる花(高円寺kuutamoさんイベント鑑定のお知らせ)

先日は調布の「もみじ市」というマーケットイベントに遊びに行ってきました。@オーヴァル京王閣

調布の「手紙舎」というカフェと出版のお店が主催の、ハンドメイド好きには大人気のイベントです。

もみじ市 2018 | DISCOVERY

 

お目当ては、栗コーダーカルテットのフリーライブと、オーダーメイド傘のイイダ傘店

 

「まずはご挨拶代わりに。」と始まった『ピタゴラスイッチオープニングテーマ』、ご存知の通り、気の抜けるようなひょうきんな雰囲気のメロディですが、何故かイントロから少し涙ぐんでしまいました。

どんなに耳慣れている演奏でも、生で聴くのとTVで観るのとではまったく受ける印象と熱量が違うのだと改めて感じたのでした。自分の心の動き方も。

そういう違いに気づけるだけでも行った甲斐があったなと思えます。

 

ステージはオーヴァル京王閣

広い京王閣の真ん中、ドーナツ状の野外ステージが舞台でした。

午前中は空気公団が出演していた模様。

屋根があるとはいえ、当日は朝から冷たい雨が降っており、いつ大降りになるかわからない状況でしたが、お昼頃に始まったリコーダーの幸福な音色と同時にお日様が戻り、聴き入るお客さんの背中を暖めてくれました。ぽかぽか

晴れた秋空の下、短い演奏でしたが最高でした。

 

栗コーダーカルテット…『ピタゴラスイッチオープニングテーマ』、通称『やる気のないダース・ベイダーのテーマ』でおなじみの3人組

 

ピタゴラスイッチオープニングテーマ - YouTube

 

 

…ブログでも普段の会話でも、近況という名の前置きが長くなって、いつも本題に入れないタイプです。

 

【お知らせ】

京王線調布からは新宿経由で30分、高円寺の街でイベント鑑定することになりました。

(本当は前回記事でまとめて紹介するつもりができなかったですスミマセン。全部ひとりでやっているもので…)

 

ブックカフェkuutamoさんの一角をお借りしてのイベント鑑定です。
「高円寺フェス2018」という街のお祭り(10/27,10/28)でスタンプラリー参加店舗になっているkuutamoさん。

当日はハロウィン直前。ちょっと怖い本やお子さま向けのお菓子もご用意があるそうです。そして、白河は占いでの賑やかしをします(笑)

ご予約歓迎しますが、イベントですので当日ふらっと遊びにきたついで、スタンプラリーのついででも全然構いません。ぜひお越しください。

 

以下、詳細をどうぞ。

 

<詳細>

『ハロウィンの魔女っこタロットうらない』

★タロットうらない 700円 / 10分

★ひとことアドバイス(タロット一枚引き)300円 / 5分 

 

2018年10月28日(日)鑑定時間:11時〜17時(最終受付16時半)

会場:kuutamo(クータモ)東京都 杉並区高円寺北2-1-22(座・高円寺を目指すと早く見つかります)

ご予約:Baiheling1986@gmail.com

↓以下のことをまとめて書いておいてくださるとご予約がとてもスムーズです↓

題名「kuutamo鑑定予約」

本文:お名前、ご予約希望時間、お悩みやタロットに聞いてみたいことを教えてください。

 

koenjifes.jp

えーっと、「魔女っこ」に突っ込んではだめです。

鑑定は日曜日のみですが、イベントは土曜日からやっていますよ。

 

今はチャットやWEB上でいくらでも占えるご時世で、

(そもそも占いはメディアと問わない珍しいエンタメですけれど)

実際に占い師を前にして占ってもらうというのも良いものですよ。

 

『タロットの秘密』(講談社現代新書2017年)でも鏡リュウジ先生が仰っていました。

タロットに限らず、占いは人を脅すためにあるのではなく、あくまでも楽しみや慰め、そして未来のために、人に希望を与えるためにあるのだということを心にとめておくべきであろう。(p.300) 

 

少なくとも白河の占いは未来を断言するような怖いものではないです。

(そんなの私がいやです)

「月曜もがんばってみようかな」とほんの少し前に進めるような言葉をご用意しています。

 

ハロウィンの東京はどうぞ高円寺で。

精一杯魔女っ子の格好してkuutamoでお待ちしております。

 

★本日のBGM『エーデルワイス栗コーダーカルテット&Beatiful Hummingbird 

youtu.be