読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

月におかゆ

タロットうらないする人のブログ

明日は松と枝鑑定会です。

この頃は井上教子さんの「タロットの歴史」という本を読んでます。

 

タロットの起源や時代背景、カードの絵柄に秘められた謎が詳らかに。

分厚い本ですが、タロットに興味があれば飽きることなくいつまでも読んでいられる本です。ヴィスコンティ版との比較も興味深い。

 

タロットは一枚絵ですから、やはり絵柄を見て読み解くというのが第一だと思います。あらかじめ覚えたキーワード(言葉)にだけ縛られていると、柔軟な読み方ができなくなってしまう。

タロットは暗記でやるものではないのです。

 

 

そして絵柄である程度読めてしまうところもあるので、まったくの初心者さんでも勘の良い人は素早く象意をつかむことができます。

タロットって本当に面白い。

 

明日は下北沢「松と枝」にてお待ちしております。

詳細はこちら↓

porridge.hateblo.jp

 

https://www.instagram.com/p/BHoFyEUByQp/

「世界」。あなたどんな風に読みますか。