月におかゆ

白河綾の占星術&タロット研究室

咲き続ける意思

こんにちは。

 

ご報告が遅くなってしまいましたが、6/12(日)の鑑定会は無事に終了いたしました。

 

お越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました。

また、本当にささやかではありますが、鑑定料のうち500円を、日本赤十字社を通して熊本地震のために募金いたしました。

 

今後も定期的に「松と枝」のテーブルをお借りして鑑定会を行っていく予定です。

次回は7月上旬を予定しております。

 

松と枝」は美味しいご飯屋さんですが、6月いっぱいはお休みされるそうです。

梅雨明けとともに、またお店の扉を開けるのを楽しみにしています。

再オープンまで、1階の「こはぜ珈琲」で待つこととしましょうか。

 

よろしくお願いいたします。

 

・・・

 

この週末はとても暑いですが、近所に木槿(むくげ)の花を見つけました。

確実に夏に向かっていってるんだなぁと感じます。

(秋の季語ですが)

 

木槿は、茶花としてよく飾られます。

 

10年ほど通っていた茶道教室を、今はちょっとお休みしているのですが、木槿の花を見ると、お教室の生け垣に咲くそれを思い出します。

 

夏から秋にかけて、木槿はずっと咲き続けます。

花が落ちてもまた咲いて、次々に。

 

木槿が咲いているうちに、ご挨拶に行かねばですね。

 

花言葉は「信念」。

この粘り強い感じ、タロットでは「力」のカードを連想させます。

ライダー版では8番目のカード、「力(STRENGTH)」のキーワードは「意思」。

あきらめずに、根気よくがんばることの良さを教えてくれます。

いま傷ついていたり、苦しい状況にあっても、自分の中の正しさを見失わないでいれば、きっと咲き続けることができると後押ししてくれるカードです。

 

その意思の先に、幸せがありますように。